2014年4月アーカイブ

FXと機関投資家

| トラックバック(0)
株式やFXなどの投資をしてみたいと考える人は、
機関投資家の存在をしっていないと話にならないのです。

さてその機関投資家ですが、
金融機関や投資信託委託会社
さらに保険会社などで投資を仕事としている人を指しています。

自分のお金でなくて、
顧客から預かったお金を使いながら投資をしていきますが、
数百億~数千億という規模での商いをしていくのです。

ですからFXでは為替レートを意図的に
大きく上げたり下げたりする動きとなります。

ですから一般投資家として注意しなければならないのは、
機関投資家が作った値動きであることを
読んでおく必要があることです。

知らないで投資のチャンスだと思って手をだす
と儲かるどころか、美味しいところを機関投資家に
持っていかれることになるのです。

このアーカイブについて

このページには、2014年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年3月です。

次のアーカイブは2015年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。