2013年4月アーカイブ

経済指標を見極めよう

| トラックバック(0)
FXで勝って行くためには経済指標を
読み解いていくことも重要です。

経済指標は一つ一つが発表されていきますが、
一つ一つの事を、一つ一つの事象と して
判断してもなかなか全体像を見ることができずに、
今後為替がどのように進んでいくかの判断を
することが難しくなってきます。

一つ一つで判断するということはやめて
経済指標の全体像を捉えて取り引きをするのが良いように思ってます。

全体像を捉えている
最大の経済指標といえばGDPとなることは間違いないです。

GDPは全ての経済状況をトータルして
発表される経済指標と成りますので、
GDPが伸びているのか縮んでいるのかを見るだけで
今後の経済状況がどう進むのかというのが判断できます。

逆に1番注目されている雇用統計については、
経済指標のつながりの出だしとも言える経済指標ともいえます。

働く人が増えればそれだけ、消費量も上がっていきますし、
消費量も上がっていけば物価も上がっていきます。
働く人が増えれば住宅も売れていきますし、
輸入額も輸出額も増減が大きくなります。

ですので今後の経済指標の動向を予想することが
できる経済指標として雇用統計が一番注目されているのだと思います。

雇用統計が悪ければ経済状況も悪くなっていくことが
予想されるので為替が一気に動くのだと思います。

一つ一つの経済指標から読み取れるこれからの経済の動きや、
全体の動きをひとつひとつ考えながら取り引きを進めていきましょう。
そういったことができるようになればFXの初心者としては
卒業を迎えることができて、立派なトレーダーの仲間入りですね。

今週はGW真っ盛りですが、金曜日には米国雇用統計、
さらにはその前にECB政策金利、FOMCと重要イベントが目白押しですので、
GWだからと相場のチェックを怠ることはしないほうが良いと思いますよ!!

このアーカイブについて

このページには、2013年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年1月です。

次のアーカイブは2013年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。